TwitterinstagramFacebook
友田とんの本棚

友田とんの本棚

2024年02月から出店しています。
作家・編集者。出版社・ 代わりに読む人代表。京都市出身、博士(理学)。
2018年に刊行した自主制作書籍『『百年の孤独』を代わりに読む』をたずさえて、全国を行商し、本屋さんへ営業したのをきっかけに、ひとり出版社・代わりに読む人を立ち上げる。ナンセンスな問いを立て日常や文学に可笑しさを見つける文章を書く。自著『パリの ガイドブックで東京の町を闊歩する』シリーズのほか、『うろん紀行』(わかしょ文庫 著)、『アドルムコ会全史』(佐川恭一 著)、文芸雑誌『代わりに読む人』を編集・刊行。 著書に『ナンセンスな問い』(エイチアンドエスカンパニー 刊)、『ふたりのアフタースクール ZINEを作って届けて、楽しく巻き込む』(共著・太田靖久、双子のライオン堂 刊)。最新刊は『先人は遅れてくる パリのガイドブックで東京の町を闊歩する3』。柏書房のWEBマガジン「かしわもち」にて「地下鉄にも雨は降る」連載中。敬愛する作家は、ガルシア=マルケス、後藤明生。