TwitterinstagramFacebook
平野敬子

平野敬子

2022年02月から出店しています。
平野敬子 Keiko HIRANO|デザイナー / ビジョナー
コミュニケーションデザイン研究所所長

1980年代よりビジュアルアーティストとして活動を始める。1997年 HIRANO STUDIO設立。2005年に工藤青石とともにコミュニケーションデザイン研究所(CDL)を設立。仕事の実績として、東京国立近代美術館のシンボルマーク、ロゴタイプ、VI計画。化粧品ブランド「IPSA」のトータルイメージディレクション。鹿島建設の仕事(カレンダー、オリジナルミラー、エレベーターのデザイン、書籍『鹿島の建築』。)OPAM(大分県立美術館)のシンボルマーク、VI計画及びコミュニケーションデザイン。調布国際音楽祭のシンボルマーク、ロゴタイプ。ピアニスト森下唯『演奏空間体験』の企画、舞台演出、映像監督。資生堂のブランド「qiora(キオラ)」の米国導入に於けるトータル・アートディレクション。NTTドコモ「F702iD 所作」のプロダクトデザイン、ネーミング、CF等トータルアートディレクション。小沢健二のCDジャケットデザイン。「婦人画報」ロゴタイプ、表紙アートディレクション。展覧会「時代のアイコン」展、「デザインの理念と実践」展の企画、構成、会場デザイン、同タイトル書籍の著作・編纂・デザイン等。
2001年度毎日デザイン賞受賞。IFデザイン賞。NY ADC賞金賞。亀倉雄策賞。ニューヨークフェスティバル金賞。日本パッケージデザイン大賞金賞。全国カレンダー展 文部科学大臣奨励賞、経済産業省商務情報政策局長賞。2014年パリ装飾美術館に約450点の作品が収蔵される。2020東京五輪エンブレム初回選考委員を務める。AGI会員。