TwitterinstagramFacebook
マザリナード・プロジェクト

マザリナード・プロジェクト

2024年01月から出店しています。
マザリナード・プロジェクトは、2008年、東京大学所蔵コレクション『マザリナード集成』のデジタル化(http://www.mazarinades.org)に始まり、フランスの大学、フランスの図書館(BnF、マザラン図書館、ボルドー、メジャーヌなどの地方図書館)と共同でマザリナード文書の国際的な研究を推進しています。
マザリナードとは、狭義には反マザランの誹謗中傷文書ですが、広義には17世紀フランスの絶対王政確立前夜、ルイ14世がまだ未成年だった時代に起きたフロンドの乱(1648-1653)の時期に手書きであるいは印刷・出版された約6,000種類の文書です。そこにはパリ高等法院裁決、戦況報告、政治的檄文から、料理のレシピまで含まれ、形式も韻文、散文、ビュルレスクあり、バラッドあり、多種多様な表現形式が動員されています。
重要なのは、これらの言葉が読む人に影響を与え、内乱で敵対する党派への攻撃にも使われたことです。その意味で現代のSNSのように、ひとつの言説空間をつくりだしています。マザリナード文書とはその出現自体が出来事なのです。
マザリナード・プロジェクトの出版物は、通常、フランス図書オンラインショップ(https://www.francetosho.com/)のみにての販売となっています。

この棚主の商品を買った人は
こんな棚主の商品も買っています